満月うさぎに願いを
コラム

満月うさぎに願いを

月子の「もうすぐ満月ですよ」 月に一度、満月の頃に、季節のお話や暮らしのこと、心身のことなどお届けします。   新米の季節。お米売り場には各都道府県の銘柄米が色々と並んで、どれにしようか迷ってしまうほどです。栃木県には「とちぎの星」「あさひの夢」、そして「なすひかり」という銘柄があります。2...

続きを読む
特別なお月見の日
コラム

特別なお月見の日

中秋の名月となる10月1日、月子のヘチマ畑にスタッフと有志の方にもお集まりいただいて、ヘチマの茎を地上60cmほどのところでカットして容器をセット、神土からの賜り物であるヘチマ水を採水します。一般的にはヘチマ水は3日ほどかけて採水しますが、月子の畑では満月のエネルギーが満ちている1日だけ、と決...

続きを読む
赤トンボ
コラム

赤トンボ

月子の「もうすぐ満月ですよ」 月に一度、満月の頃に、季節のお話や暮らしのこと、心身のことなどお届けします。   那須・神土のヘチマ畑。 明るい黄色の花が次々と咲き、ヘチマも次々と実っています。 なんとも幸せなその畑に、赤トンボがたくさん飛んでいました。   赤トンボの一生は、水田に水が張られ...

続きを読む
月子の畑
コラム

スクスクぐんぐん

月子の「もうすぐ満月ですよ」 月に一度、満月の頃に、季節のお話や暮らしのこと、心身のことなどお届けします。 やっと、長い長い梅雨が明けましたね。大きな青空と日差し、待ち遠しかった2020年の夏です。長梅雨は、作物や園芸の植物たちが病気になりやすく、成長も遅れがちになります。それなのに、強い雑...

続きを読む
ラベンダーミルクティーはいかが?
コラム

ラベンダーミルクティーはいかが?

月子の「もうすぐ満月ですよ」 月に一度、満月の頃に、季節のお話や暮らしのこと、心身のことなどお届けします。   梅雨晴れ間、風の心地よい月曜日。 お気に入りのナチュラル レストラン『旬香創作料理 アワーズダイニング』で ランチをいただきました。   テラス席をご用意いただいて、 風とともに鳴る...

続きを読む
藍と満月
コラム

藍と満月

月に一度、満月の頃に、季節のお話や暮らしのこと、心身のことなどお届けします。   藍と満月 那須でも蒸し暑いくらいの日が続いています。 座布団のカバーを、そろそろ藍染の縮織にしようかな、と思います。藍は、古くは漢方薬としても珍重されてきたタデ科の植物。 その藍を発酵させた天然染料て...

続きを読む
パンを焼く日
コラム

パンを焼く日

月子の「もうすぐ満月ですよ」  月に一度、満月の頃に、季節のお話や暮らしのこと、心身のことなどお届けします。

続きを読む
青い星の瞳
コラム

青い星の瞳

月に一度、満月の頃に、季節のお話や暮らしのこと、心身のことなどお届けします。   青い星の瞳   桜が咲き始めました。他の地域同様、那須も例年より早めの開花です。 小鳥のさえずりを聞きながら、気分も軽やかにヘチマ栽培をする神土の畑へ様子を見に出かけました。   ヒメオドリコソウの間に、もうツ...

続きを読む
夢見月
コラム

夢見月

月に一度、満月の頃に、季節のお話や暮らしのこと、心身のことなどお届けします。 夢見月   牧場や畑の畔にフキノトウが点々と…。那須もようやく春めいてきました。 3月を弥生とも言いますが、「草木がいよいよ生茂る」という意味だとか。なるほど、ぴったりですね。   弥生のほかにもいくつか3月の呼...

続きを読む
ヘチマ水=美人水? ヘチマ水の歴史
コラム

ヘチマ水=美人水? ヘチマ水の歴史

 昔から化粧水として使われてきたヘチマ水。熱帯アジアが原産のウリ科一年草のヘチマが珍重された のは、明の時代に中国に入ってから。その後、日本に入り、江戸時代初期にはすっかり広まりました。 多くの女性の支持を得続けてきた、その長い歴史が物語るように、ヘチマは女性たちに若々しく美し い肌をつくっ...

続きを読む